抗うつ作用も。オメガ3脂肪酸とは。オメガ3/DHA/EPAの効果効能

DHAやEPAは、オメガ3脂肪酸の一種です。オメガ3脂肪酸とは

DHAとEPAは、人間の身体の中では作ることのできないと言われる貴重な成分なのです。
必須脂肪酸の一種とも呼ばれていますね。DHAとEPAは、魚やえごま油、亜麻仁油などから取れる成分で、抗うつ作用があると注目される栄養素なのです。魚をたくさん食べると、うつ病の発症率が低いという結果もあるので、うつ病になるかもしれないと不安がある方は、オメガ3脂肪酸を積極的に摂取しましょう。その場合はサプリメントがおすすめです。

うつ病には、DHAとEPAが良いらしい

DHAとEPAは、脳に健康をもたらす有効成分なのです

DHAとEPAの健康成分が「うつ病」に効くと言われているのです。これはこの成分らが脳の発達を助ける効果があるからだと言われているからです。子供においてはDHAを摂取することで、精神的な攻撃性が低下する事がわかっていますし、大人でも精神的な攻撃性が抑えられ精神安定に一定の効果があることがわかっています。 明確な理由は解明されていませんが、DHAとEPAが神経細胞に何らかの影響を与えて精神安定効果をもたらしていることが濃厚とされているので、うつ病に効果が期待できるのです。

うつ病の改善にDHA・EPAを摂取しよう

現代はうつ病を患う人がたいへん多いと言われています。

現代はうつ病を患う人がたいへん多いと言われています。そんなうつ病の改善に効果があると言われるのがDHAやEPAの摂取です。DHAにはセロトニンの効率を高める効果があるため、DHAを摂り入れることによって抑うつ状態を緩和させたり興奮状態を抑えたりすることができるし、EPAには血液中のアラキドン酸を抑える働きがあるので、これもうつ病に良い働きがあると言われているのです。どちらも、うつ病を緩和させる効果が高いと言われるものですから、予防や改善のためにしっかり摂りたいものです。